薄毛お悩み相談室

植毛に使われる毛について

植毛という言葉は一度は耳にし事があると思います。
ですが、植毛についてどういったものか詳しくは知らない人が多くいると思います。

 

植毛ですがその名の通り、頭皮に直接髪の毛を植え付ける事で、
髪の毛を増やす方法の事を言います。

 

植毛に使用する毛ですが2種類ほどあります。

 

まず1つ目は、自分自身の毛を利用して行う植毛の方法です。
自分自身の毛を利用しての植毛の場合は、
もともとが自分の体に生えている毛を利用するため拒絶反応がすくなくすむという点があります。
また、90%という高い確率で植毛した頭皮に定着するという実績もあります。

 

自毛植毛はFUE植毛センターや植毛 | アーツ銀座クリニックが有名です。

 

仕上がりがとても自然になるため、かつらのような違和感を感じられないという点も挙げられます。
他には、植毛は頭皮に植え付けるため安心感があり、かつらのようにずれたり外れるといった心配がほとんどないと言えます。

 

2つ目ですが、人口的に作られた毛を使用する植毛になります。
アデランスやリーブ21が有名です。

 

人口毛の材料ですが、人工血管などにも使われてる素材を使用しているため本物の髪の毛とほとんど違いがわからないほどの作りになっており、安全性も高いため植毛の際には人気のある髪の毛と言えます。

 

ですが、自分の髪の毛を植毛するのとは違い、いくら安全性が高く見た目も本当の髪の毛とかわらないとはいえ人工的な髪の毛ということには変わりりません。
その為、植毛をした際にアレルギーのような反応がでたりと、体からの拒否反応がでる副作用などがでる可能性があります。
人口毛の場合ですが、植毛する際に毛の量に制限がありません。
その為、自分がなっとくするまで植毛を行うことができる点が一番のメリットといえると思います。
このように植毛には自分自身の毛を使用する方法や、
人工的に作られた毛を使用する方法で髪の毛を増やすことができます。
薄毛に悩む男性や女性にとっては、植毛は確実に薄くなった部分に毛を増やせる方法になるため、
育毛剤や発毛剤を使用していて自分の思うような結果が出なかったと感じる人にとっては、
確実に見た目でわかるほどの髪の毛の量が増えると実感できるため、嬉しい方法とも言えます。